【簡単】Homebrewのインストールと基本的な使い方

homebrew
homebrew

Homebrewとは

HomebrewはMacOS環境における最もメジャーなデファクトスタンダードのパッケージマネージャです。 OSや言語毎にパケージマネージャとよばれる管理システムが提供され、ソフトウエアや拡張機能のインストールはパッケージマネージャを利用して行うことが一般的になってきています。

Homebrewのインストール手順

Homebrewの公式ページにインストール方法が掲載されています.

大まかな流れとしては以下となります.

  1. Homebrewインストール用スクリプトの実行
  2. Xcode Command Line Tools のインストール
  3. インストールできたか確認

では1つずつ手順を見ていきます.

Homebrewインストール用スクリプトの実行

Homebrewの公式ホームページにインストール用スクリプトがあるので, それをコピーします.

Homebrew Install Script
Homebrew Install Script

そして、コピーしたものをターミナルに貼り付けてEnterを押します.

Xcode Command Line Tools のインストール

スクリプトをターミナルで実行すると下記のような文字が表示されます.
※既にXcode.appをMacにインストールしている場合は表示されません.

 ==> The Xcode Command Line Tools will be installed.

  Press RETURN to continue or any other key to abort

これは,

  Xcode Command Line Toolsがインストールされます。  
  続行するにはRETURNを、中断するには他のキーを押してください. 

と書いてます.

なので指示通り「RETURN」キーを押します. その直後にパスワードを入力するように求められますが、Macの画面のロックを解除するパスワードを入力します.
後は、しばらく待つだけです. Successful!という文字が表示されると成功です.

Homebrewの基本操作

続いて私がHomebrewでよく使うコマンドを紹介します.

Homebrewのアップデート

$ brew update
Already up-to-date.

Homebrewがアップデート可能の状態ならこのコマンドを打つことで自動で更新されます.

Homebrewが破損していないか確認

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

Homebrewに異常がないかどうかを確認する機能です。 もし異常があった場合には内容が表示されるので、指示に従って解決していきましょう。

インストール可能なパッケージの確認

$ brew search gcc
==> Formulae
gcc ✔              gcc@6              i686-elf-gcc       ghc
gcc@10             gcc@7              libgccjit          scc
gcc@4.9            gcc@8              x86_64-elf-gcc     tcc
gcc@5              gcc@9              grc                ncc

==> Casks
gcc-arm-embedded

検索したパッケージ名を含むパッケージが表示されます。上記の場合はgccと検索をしたのでgccを含むパッケージ一覧が表示されました. gccのようなバージョンが複数あるパッケージはこのコマンドで欲しいバージョンがインストールできるか確認してからインストールを行いましょう.

パッケージの更新

$ brew upgrade               #パッケージ全部
$ brew upgrade (パッケージ名)  #パッケージ指定

Homebrewでインストールしたパッケージの更新を行えます。

パッケージのアンインストール

$ brew uninstall (パッケージ名)